2018年01月03日

大好きな除雪車について(1)


北海道の真ん中、雪国旭川のエステティシャンです。
エステのお仕事とは全く関係ないのですが、
好きな物について書いてみようと思います!

名刺の裏の自己紹介

好きなこと・好きな食べ物
洋裁・読書・弓道・ホタテ・除雪車


何度か書いているかもしれませんが
除雪車が好きです。


今、まさにその除雪車が大活躍するシーズンなので
ちょっと詳しく語ってみようと思います。


【その1 どんなところに惹かれたか】

なんといっても人々の困ったを解決してくれるところ。

雪国での生活において冬季はまさに雪との共存であり戦いでもあります。
除雪をしなければ、玄関も窓も開かなくなり孤立します。

家の周りはなんとか個人の力でできたとしても
道路を確保しなければ生活は成り立ちません。
その生活道路を確保してくれるのが除雪車です。

なんて頼もしいんでしょうるんるん



【その2 仕事ぶりについて】

除雪排雪の仕事は深夜〜早朝にかけて

住民を助けるための仕事ですが、
みんなが寝ている間に
市民生活の邪魔にならないように
そっと(ではないけど)行われる事が多いのです。
朝起きてみたら道路の雪がスッキリきれいになっていたら感激しますよね。

みんながお酒を飲んで楽しんだり
ゆっくりお風呂につかったり
ぐっすり夢の中にいるころに大変な仕事をやってくれているんです。

なんて優しんでしょう黒ハート


【その3 除雪車の種類】

大きなタイヤ 高い運転席

一口に除雪車といっても色々な種類の車体があります。
それによって担当する作業が決まっています。
また、得意な除雪場所、活躍場所もそれぞれです。
次回はそれらを紹介してみようと思います。
 
sb_img01.jpg

ただ言えるのはどの車体も大きなタイヤ、大きなエンジン
高い運転席、力強くも優雅な動き
これは共通しています。

かっこいいですハートたち(複数ハート)



このシリーズを読んでくれたならきっとみんな除雪車のファンになると思いますよ!

ではまた明日




エステティック リボーン
0166-74-7732
北海道旭川市豊岡9条11丁目
http://este-reborn.com

オーナーのフェイスブック
https://www.facebook.com/tamaki.martha


ネット予約はここをクリック
  ↓  ↓  ↓  ↓
スマートフォンから予約

パソコンから予約

機械は細かな融通が利かない部分もあるので、
その場合はどうか直接お問合せお願いします。



posted by リボーン マーサ at 22:12| Comment(0) | 趣味のお話〜洋裁・DIY・除雪車〜

2018年01月02日

初売り、しかも福袋買いました


人混みが苦手です。

スーパーでのお買い物さえ出来るだけ深夜に行きます。
(新鮮なものが買えません)

「初売り」?
せっかくのんびりできるお正月にわざわざ人ごみに飛び込んで行くなんてシンジラレナイ

そんな風に思っていました。


その私がなんと! 本日初売りに行ってきました。

しかも札幌まで福袋を買いにです。

きっかけをくれたのは釧路の友人しのさん(浅野葉子)
いつもフェイスブックやメッセンジャーでやりとりしているのですが、
お正月に札幌の実家に帰ると聞いて
なんとか時間を作って会いに行こうと思ったのです。

まずは再開のランチタイム

532FECAA-F10E-4D3F-8459-E5FF5DEE486D.jpeg

しゃべってばかりでなかなか食事が進まないあせあせ(飛び散る汗)



そしてお買い物はここ!
PASEO地下にある着物屋さん「キモノハナ」です。
ここで着物の福袋を買いました。


店長のわしこちゃん(鷲田祐子)がいつもおしゃれでカジュアルに着こなしているのを見て「普段着の着物をあんなふうに楽しんで来てみたいな〜」と思っていました。
フェイスブックで福袋の投稿を見て思い切って予約したんです!

IMG_5672 (編集済み).JPG


お着物って「高級な物」というイメージですが
今は普段に着られて、汚れたら洗濯機でじゃぶじゃぶ洗える安価なものがあるのですね。
まさに洋服感覚で買えます。
着物屋さんは恐れ多くて入りにくかったけれど
ここはとっても楽しいお店でした。

IMG_5669.JPG


さっそくこのお正月中に着てみようと思います!
わくわく うふふ揺れるハート


SNSで私が札幌にいるとわかっている友人から連絡が入り
食事をしていたお店に会いに行きました。
札幌で学生をしていた頃の友人です。
恥ずかしガールなので美人さんなお顔が出せなくて残念。

1867780F-1445-4819-BFB1-8D713EC1F109.jpeg


楽しい時間でした。
もうSNSのない生活には戻れません。


車を停めていたコインパーキングに戻って清算したら
駐車場代が5,800円もかかってショックだったのはナイショニします。

あ〜楽しい一日でした。




posted by リボーン マーサ at 00:37| Comment(0) | マーサの日常、想いなど

2018年01月01日

新年のスタートです!


あけましておめでとうございます。

平成30年がスタートしました。

IMG_5659.JPG

初詣で知り合いのご家族にばったり!
にこにこ家族に会えていいことありそうな予感


お正月は気持ちや習慣を切り替えるのには
とってもいいきっかけになりますね。
私もそのきっかけに乗って久しぶりにブログを書くことにします。


昨年の11月末に母を見送りました。
その時にフェイスブックでたくさんのメッセージを頂き、
とても慰められ、心が救われました。
中にはお会いしたことがない方もたくさんいます。
でも心ののこもった言葉でとても身近に感じられました。

たくさんのコメント、メッセージを頂いたけれど、
読むのが大変という事はなくて
むしろ一件一件何度か読み返したほどです。
そうやって力を取り戻しました。


言葉がこんなに嬉しいものなんだと改めて実感しました。
だから私も他の人の投稿にコメントしようを思いました。

それまでは心のどこかで
「とにかく投稿しなくちゃ」
「時々は何かコメントしなければ」
と、義務感をもってやっていました。
(いえ今でも少し)

でも、それよりも
読んで感じたことをできるだけ言葉で伝えてあげよう
その気持ちのほうが大きくなりました。
だから自然と書けてフェイスブックが以前よりもっと楽しくなったのです。


いま、ブログだけを読んでくれていて
フェイスブックでお友達になっていない方
まだフェイスブックをやっていない方、

もっと交流したいので是非つながってください
お友達申請してください。


これからブログもたくさん書いて行こうと思っていますが
それよりたくさんの情報を発信しています。

元旦もぎりぎりの投稿になってしまったけれど
今心の中には新年これからの事を思って
たくさんの想いが詰まっています。

それをこれから綴っていくことにします。

よかったら読んでね。
そしてフェイスブックでコメントしてくれると嬉しいです!


では2018年いぬ年スタートです
どなた様も幸せいっぱいの一年にしましょうね






posted by リボーン マーサ at 23:56| Comment(0) | マーサの日常、想いなど

2017年12月12日

お手紙で泣きました

今年はよく泣きました。
色んな涙を流しました。

一番は先日亡くした母の病気、介護での様々な思い。
このことはもう少し落ち着いてからいつか書きたいと思っています。

一人になると涙がでました。
車の中でもよく泣きました。
やはり つらい涙、悲しい涙が多かった。



情けなくて泣けたこともあり、
さみしくて涙が出たり・・・



でも今日はそのすべてが帳消しになるほどの
うれし涙です。


お客様から封書のお手紙が届いたのです。
その内容がビックリぴかぴか(新しい) 嬉しくて


IMG_5332.JPG

「今、思っていることがあります
(略)マーサ先生のような女性になりたい!と。
マーサ先生を人生の目標にしたい!
と思っています」


読みながら涙がポロポロこぼれました。
何かの錯覚だとしても
一瞬の気の迷いだとしても

世の中の誰かにそんな風に思ってもらえるなんて
ほんとにホントに嬉しい
生きてきてよかった とさえ思いました。



最近へこんでいました。

「私 何をやって来ただろう?」
「誰かのためになれているのか?」

毎日のSNSの投稿でキラキラ頑張っている人たちを見ては自分以外のみんなが素晴らしく思えて。
「経営者は孤独」というけれどそれは私だけ?
なんて・・・実は心が衰弱していました。


だからとっても嬉しかったのです。



いつでも後で思い出して読めるように
自分の忘備録としてブログにしました。
 
差出人は私のほうこそ尊敬する素晴らしい方なんですよ。
Mさん ありがとうございました。





posted by リボーン マーサ at 16:47| Comment(0) | マーサの日常、想いなど

2017年09月06日

富良野の休日



私は士別市温根別町という超ど田舎出身です。

小さい頃は山や川で遊び、
家の裏には畑があってイチゴにスイカにとうきび キャベツと色々作っていました。

そのせいか山や畑が大好き!


富良野で農業をやっている友人(徳弘さん)
Facebookに畑の写真を投稿するたび惹かれていて
行きたい行きたいって思っていたのが
昨日ついに実現しました



夜更かし朝寝坊の私が
目覚まし時計を遠くに3つおいて早起き
リボーンの開店時刻までには帰って来られるようにと
いつも起きる時刻には富良野に到着していました。
「人間やればできるものです」



徳さんのプロフィールで住所もちゃんとしらべました。
富良野までは一本道だしナビがあればどこでも行ける!
「吉井農場」と書いてあるからそれをナビにセットすればOK。
吉井さんから受け継いだ農場とばかり思っていました。


ところが、ところが、
「吉井農場」っていう住所なんですって!
旭川でいう「永山」「豊岡」という感じ
どおりで地図でみるとここもあちらも一帯が吉井農場ふらふら
結局 電話でナビゲートしてもらって到着。


楽しかったな〜

IMG_4245.JPG

軽トラックの荷台に乗って先ずはズッキーニの畑へ。
ズッキーニってどんな風に実がなるのか初めて見ました。

IMG_4197.JPG


収穫の仕方や、実より下の葉は切り落とすことや
黄色と緑のズッキーニは種類が違うとか
どのくらいが美味しいとか
採れたては表面にびっしり毛が生えているとか

IMG_4199.JPG




知らないことだらけ
何もかも新鮮で感動で。


とうもろこしは スーパーでも皮付きの新鮮そうなのが売っているので
珍しくもない。ですが、ですが、

よく芸能人が生でかじって
「あ!甘くて美味しい︎」ってやるでしょ
あれ 本当はどんな感じ?と疑っていた私

やってみましたよ 採れたてを生かじり

IMG_4319.JPG

「あ! 甘くておいしい!!」
ホントに甘いんです。
そしてプチプチして でも柔らかくて
素で食レポ出来そうな美味しさでしたぴかぴか(新しい)


徳さんが本日の注文発送分を収穫している間
草をかき分けて丘の上まで登ると
なんと素晴らしい眺め
頭の中がクリアーになるようでした。

IMG_4212.JPG

IMG_4208.JPG


そうそう!
着いた時から気になっていた青いトラクター
「運転席に座ってみたい」という夢が叶いました。

それどころか動かしていいよ なんて言ってくれて
操作方法をちょこちょこっと説明してくれました。
せっかくなので恐る恐るすこしだけ・・・


先ずはエンジンをかけて
後ろの重機を上げたり下げたり。
クラッチ踏んで切り替えは左手の所のギアを
入れる。Lよりももっと低回転のLLというのがあるの?

暴走したら困るので今日は少しだけ。
でも楽しかったるんるんもっともっと運転してみたくなりました。
今度は道路も畑も走ってみたいな〜
あれ? 普通免許では乗れないのかも⁈

IMG_4248.JPG

帰りにはズッキーニととうきびをたくさん頂いて
あちらこちらと美味しさを届け
自分も早速頂きました。



とうもろこしは皮を剥かずにそのままレンジで5分間。
それだけでとっても美味しいるんるん


ほぐしておいたり、冷凍したり、
炊き込んでみたり
ズッキーニも焼くだけで食べたり、グラタン風にしたり。
どうやって食べてもほどよい甘みと歯ごたえ

IMG_4315.JPG

IMG_4316.JPG


歌も芝居もライブで見ると迫力と感動が違うように
野菜も畑でなってる姿から見ると
愛着も味わいも 全く違うように感じています。

徳さんのお野菜
またすぐに食べたくなりました。

そんな時は採れたて新鮮を送ってもらうシステムが
あるそうですよ。
私も頼んでみようと思っています。

徳さんの野菜は野楽舎(のらや)のHPから注文できます。

長いブログ最後までお付き合いありがとうございました。

徳弘さんお世話になりました。





posted by リボーン マーサ at 23:04| Comment(0) | マーサの日常、想いなど

2017年08月25日

手のケア


旭川の50代エステティシャン マーサです。




指が太くて短く不恰好な手はコンプレックスがいっぱいで 若いころから人に見られるのが嫌でした。
こんな手に付けたら指輪もかわいそうなんて卑屈な考えで、
指輪やマニキュアのおしゃれもほとんどしないでいました。


今はどうか???


知らないうちに手も順調に老化

あんなに嫌だったプクプク感が消えた代わりに
手の甲には太い血管が浮いてきました。


手のひらの弾力とすべすべ具合には絶対の自信がありますが、ビジュアルは相変わらず最低。

手は字を書いたり、スマホの操作をしたりなど
最も人目につくパーツと言えます。
形や指の長さはどうにもならないものとして受け入れ、
出来る限りのケアを心がけています。



少しでも参考になる部分があると嬉しいです


て.jpg


手の甲のシミ

手にシミができると、とたんに「女性の手」が「主婦の手」という印象になります。

シミそばかすができやすい私は
手にもやっぱりシミができやすいのです。

UVカットのグローブはみなさんお使いだと思いますが
完全に紫外線をカットするのは難しいので
夜寝る前には顔と同じように美白美容液を。

それでもシミが出来てしまったら
サロンでは顔と同じように特殊ライトで薄くする事ができます。
ただしお金もかかるし、骨に近いから痛みもあります。





肌の弾力

弾力が低下すると血管が浮いて見えます。
若い時にはそんな大人の手に憧れたときもありますが、今はハリが恋しい!

手の脂肪を増やすことはできないけれど
せめて皮膚の弾力をキープしましょう!

それにはこまめな保湿。
ハンドクリームだけでなく、化粧水+クリームでケアがオススメ。

リボーンでは魔法の手ぶくろを装着して微弱電流で細胞活性、
コラーゲンの増殖をお手伝いできます。


ゴツイ指の関節

時々ボディ用のゴマージュを使って手をマッサージします。
老化角質がとれてすべすべ、関節も滑らかになります。
その後でハンドクリームをた〜っぷりと刷り込むと、
なんとなく指がキレイなった感じがします。



指関節にムダ毛なんて無い?

若い時には気にしていたけど、無頓着になっていませんか?
毛なんてあったらステキな指輪もキラキラネイルも輝き半減がっかり なんて事にも。

自己処理が面倒ならば サロンで脱毛してしまいましょう。
一度無くせば もう一生考える必要がなくなりますYO!




yubi2.jpg


もしここも気になるなら・・・・

一緒に足の指毛も撃退!
最近は足のジェルネイルも一般的ですから
いつ誰に見られるかわからない

大人の女性は細部までお手入れを。



images3US31QNA.jpg


そして爪のおしゃれや指輪も積極的に付けるようにしています。
自分自身の肌がくすみがちな手には
ジュエリーの輝きを添えたほうが似合うと感じます。

お仕事の日は相変わらずですが、
お出かけの時は指輪が必須になっています。

特別なお出かけの時は
爪にジュネルも装着ぴかぴか(新しい)
気分が上がりますよ!




エステティック リボーン
0166-74-7732
北海道旭川市豊岡9条11丁目
http://este-reborn.com


ネット予約はここをクリック
  ↓  ↓  ↓  ↓
スマートフォンから予約

パソコンから予約

機械は細かな融通が利かない部分もあるので、
その場合はどうか直接お問合せお願いします。








posted by リボーン マーサ at 21:46| Comment(0) | 50代のケア

女性のヒゲ脱毛


旭川のエステサロンオーナーのマーサです。

今やサロンでの脱毛があたりまえになり、
ひざ下もワキも自己処理はほとんどいらないという女性が多いと思います。


まだ脱毛が一般的ではなかったころは
どんなに疲れていても
デートの前や肌を出すお出かけ前には
毛抜きを手に 寄り目になりながら
ムダ毛の処理をしたものです。

今は本当にいい時代ですね。


もしもまだ自己処理をしているならば
あなたが今何歳であろうと
ムダ毛の処理を煩わしさを感じているなら
一日も早くサロンでの脱毛をするべき!
とおすすめします。

以前の脱毛関連ブログ その1

以前の脱毛関連ブログ その2



ところで今日はヒゲのお話です。
それも女性のおヒゲ。

hige1.jpg


私たちの全身の毛はホルモンに支配されています。
女性ホルモンと男性ホルモンのバランスで毛の量や太さが影響を受けます。


女性の体内にもその両方が存在するのですが、
子宮の機能が低下すると共に女性ホルモンの量が減少し、
男性ホルモンの割合が高くなります。

すると 女性にも男性のような太いヒゲが生えてきます。
というより、いままでうぶ毛状だった軟毛が一部剛毛に変わるんです。

images.jpg

特にあごヒゲや鼻の下の毛が太くなります。

また、顔全体のうぶ毛が濃くなりくすんで見えるという場合もあります。


いずれも脱毛で解決!
実は鼻下の部分脱毛は既にたくさんのお客様が施術を済ませています。
アゴヒゲの脱毛も気になる箇所だけ部分的に処理しますので時間的にはほんの数分、

フェイシャルエステと一緒に受けることも可能です。


ちょっと気になっているという方は
エステの時にご相談下さい。

顔のうぶ毛が濃くなって気になるけれど
老眼で自己処理ができないという60代の女性が
リボーンの顔脱毛を何度かされました。

「顔がすべすべになって透明感が出てスゴくいい!
中年になったら顔の毛が濃くなるから私らには最高。
これはもっともっと宣伝するべきよ!」と言ってくださいます。



リボーンの脱毛機はヒゲや顔の他、
おヘソのまわりや乳輪周り
私のオススメうなじの脱毛など
あらゆる毛に確実な効果があります。


先日は新人スタッフのもみ上げを脱毛しましたよ!
(痛みに軽くショックを受けてました)


全身どこでも脱毛出来ますが、
そのうち〜なんて思わないで下さい。
脱毛にはタイムリミットがあります!

なぜって?

白髪は脱毛出来ないんです。
効果が出せません。

シラガは髪だけではないので気をつけて。
リボーンではVライン脱毛は出来ますが
マシンのパワーが強いため
粘膜に近いIO部分の脱毛はお受けできませんのでご了承下さい。

hige3.jpg



posted by リボーン マーサ at 21:05| Comment(0) | 50代のケア

2017年08月23日

痩せすぎないように太らないように



北海道のエステサロン オーナーのマーサです。


「もう少し痩せたい」

たぶん多くの女性がそう思っているのでは?

私たち女性は常にやせたがる。
まるで痩せれば痩せるほど美しいとでも思っているかのように。



でも、一方で自分以外の人に関しては

「全然太ってないのに」
「ダイエットなど必要ないじゃない」
「痩せたら頬がたるんだみたい」

なんて冷静に分析していたりして。



そういう私も痩せたがっている一人。

子供の頃からずっと小太りで すらりとした体型に憧れていたので、7号サイズの洋服が着られるようになった今でも 太ることが恐怖に感じてしまうのです。

49bb1f23dac783b9f4d2fcb744acb53c_t.jpg


身長と体重から計算する体格指数BMIは標準値、
標準体重は充分に下回り、美容体重にも届かないほど。
なのにもう少し痩せたいと思うふらふら


これを読んだ皆さんも計算してみてね。
計算方法のリンク
 ↓  ↓  ↓
http://keisan.casio.jp/exec/system/1483589124



体重が少なければ尊敬されるわけでもなく、
褒められるわけでもなく、
必ずしも美しいわけでもない。


むしろ
ちょっと太った私をみた娘は
「少しふっくらしてる方が幸せそうに見えていいよ♡」

ある大人の男性には
「ちょっとふっくらされましたか。
前より更に魅力的ですね」

なんて言われたりして。




芸能人を見ていても

若い女性は痩せていてもスラリとしていてお人形のように美しいと思えるけれど、大人の女性は痩せすぎてると頬がげっそりして ハリ、ツヤが感じられないので素敵とは思えないかも。


女性らしい柔らかさや丸みは脂肪。
バストの膨らみも、ヒップの高さもあった方がいいと思うし、それを無くしたいわけではない。


そう、痩せたい=軽くなりたい わけではなく
みんな体型に問題を感じているのですよね。



ズドンとした胴体にウエストのくびれが欲しい

のっぺりと長くなったお尻に高さが欲しい

お腹に付いた浮き輪のようなお肉を引き締めたい




だったら尚更 減量してはいけない。

大人の女性はダイエットで筋肉量を減らしてしまうと基礎代謝が落ちてますます痩せにくくなってしまいます。


あ、でももちろん食べ過ぎは厳禁!️
普段食べ過ぎの人は完食をやめて
早八分目が大原則ですよ。



私はDNA検査で自分の肥満リスクを調べてからは 食事を減らすのではなくて
タンパク質やビタミンを補い、出来るだけ運動するようにしています。
以前より食べる量は増えたのに身体は引き締まって着れなくなっていたスカートもワンピースも全部がすんなり着られるようになりましたよ!




体重はわかりやすい一つの目安だとは思います。

でも体重を見せて歩くわけではないのですからあまり数値に振り回されないよう
運動やストレッチやマッサージで体型を管理していくことを意識しましょう。

e57bece75783152f5c34b082ebe2a571_t.jpg

血液循環やリンパの流れが滞って身体やお顔が膨らんでいる事もよくあります。
忙しさやストレス、寝不足が続くと食べ過ぎてもいないのに太ったように感じる、
そんな時は運動よりもマッサージや発汗デトックスの方が効果的です。

スッキリとした体型で快適な毎日を過ごすためにも時にはリラックスモードで
リンパマッサージ、
デトックスマッサージ、
ボディメイキングマッサージ、

がオススメですよexclamation





エステティック リボーン
0166-74-7732
北海道旭川市豊岡9条11丁目
http://este-reborn.com


ネット予約はここをクリック
  ↓  ↓  ↓  ↓
スマートフォンから予約

パソコンから予約

機械は細かな融通が利かない部分もあるので、
その場合はどうか直接お問合せお願いします。








posted by リボーン マーサ at 15:19| Comment(0) | 50代のケア

年齢が現れるのはどこ?


旭川のエステサロンオーナーのマーサです。


顔の上半分と下半分
どちらの方が年齢が現れやすいと思いますか?


まだまだ若い30代のころ、
老化の始まりは目元だと感じていました。
目じりにうっすらと現れる小じわ
表情を暗くする目の下のクマ

でも、その程度のトラブルは優れた化粧品や少しのケア
メイクテクニックやコスメでカバーすることができました。

50代ともなると老化を消すことはできないけれど、眉やアイメイクで若々しい目元の印象を作ることは可能です。


ところが問題は顔の下半分。

くっきりと現れた法令線、
ほほや口元のタルミ
下がった口角、口の縦じわ
薄いくちびる
あいまいになったフェイスライン


これらは確実にお顔の印象を老けさせます。
言葉が悪いですがごまかしが効かないのは
実は顔の下半分なのです。



51d3238cc70ccaa610cdaafe85299620_t.jpeg


口元には知性や清潔感が現れると思います。
口元が美しいと全体の印象がきりりと引き締まり
存在自体が凛として感じます。


ところが反対に
どんなにキチンとした装いでも
口角がだらりと下がって半開きの口ではどうでしょう。

とたんに残念な印象ではありませんか?



フェイスラインも法令線も口角のたるみも
原因のひとつは筋肉の緩み。
私たち日本人は顔の筋肉のうちたった3割しか使わないそうです。


表情筋を若々しく保つためにはマッサージで筋肉を柔軟に保つことも効果的ですし、
大きく口を開けてしゃべったり笑ったり
常に口角を上げているよう努力するもの大切。


顔ヨガは美肌にも美ラインにも効果的がありそうだから
是非取り入れるべき!とは思うけれど
日常の習慣にするにはちょっぴりハードルが高そう


そこで!
簡単で効果的な顔ストレッチがあるのでお伝えします。
さっそくやってみてくださいね!


思い切り大きな口を開けて
  「あーーーーーーーーーーーー」

ひょっとこの口にして
  「うーーーーーーーーーーーー」

最後に腕をあごの下にかざして
  「イーーーーーーーーーーーン」
(下顎を出して上に持ち上げるような動きがポイント)

ダウンロード.jpg



声を出す出さないは自由なので
人に見られないところで
毎日続けましょう〜






エステティック リボーン
0166-74-7732
北海道旭川市豊岡9条11丁目
http://este-reborn.com


ネット予約はここをクリック
  ↓  ↓  ↓  ↓
スマートフォンから予約

パソコンから予約

機械は細かな融通が利かない部分もあるので、
その場合はどうか直接お問合せお願いします。


posted by リボーン マーサ at 00:44| Comment(0) | 50代のケア

2017年08月21日

老いを実感する今日この頃



北海道の真ん中 旭川のエステサロンオーナーのマーサです。
老化は今に始まった事ではないけれど
最近特に仕事のスピードがダウンしたり
記憶力が極端に低下するなど落ち込む事が多くなりました。

それに加えて容姿の面でも「老い」を実感して泣きたくなる事も。
「どうせ年だから」とか
「もうおばさんだから」という
投げやりな言葉を使いたくはないけれど
認めないではいられない。


髪の毛に白髪が増えて「気にしない」ではいられなくなり、染めても染めても根元に白い物が出てくる恐怖

歯と歯のすき間ができて
食事の後 爪楊枝が欲しくなり、昔見たおじさんと一緒だ 感じた時

見せ顔 ではない油断した時の
たるんだフェイスラインを写真で見た時

お尻とふとももの境目が無くなった

おへその形が完全に潰れた

眉を描かずにいられない

手の甲に浮き上がった太い血管

若い時からシワとソバカスだらけの顔に
更に追い討ちをかけてくる肌の劣化


大袈裟でなく本当に泣けてくる。

もう若い時に戻れないのはわかっているし
決して若くなりたいという事ではないけれど
出来れば幾つになってもステキな人でいたいと思う。

ステキは色んな要素があるけれどやっぱり見た目はとっても大切だと思うの。

だから少しでも年齢に抗い、劣化のスピードを遅らせる事で自分自身を愛せるように
私ちょっといいかも?って
瞬間でも自信を持てるよう
やれることは出来るだけやろうと思う。


コンプレックスのかたまりだった私が美容を仕事にして30年近くなりました。
50代だからこそやるべきケアを
私なりの情報でblogにして伝えて行こうと思います。

もちろん30代、40代の方も参考になると思います。
「美は一日にして成らず」少しでも早く始めるに越したことはないのですから。

ではでは次回からスタートします。



posted by リボーン マーサ at 22:15| Comment(0) | 50代のケア