2016年06月10日

脱毛機の導入


開店して三年目、大きな決断をします。
IPL光脱毛機の導入

今ではあたり前のフラッシュ脱毛ですが、
その頃はまだほとんどがニードル脱毛
毛穴の一本一本に針状のものを入れて通電する方法でした。
痛くて高いのがあたりまえ。
平均的なワキ脱毛が50万円でした。

光脱毛機の存在を知ったとき
これからは絶対これだ!と直感し、
分不相応の価格にもかかわらず、
絶対買うと決めたのです。

機種を特定するために数種類の光脱毛機を体験しましたが、
北海道のサロンにはまだほとんど無くて
東京、名古屋、岡崎にまで体験に行きました。
その中から購入を決めたのが今あるマシン
パワーライトEXでした。
当時の価格は1250万円exclamation

大きく値引きもされましたが、
旭川なら中古住宅が買える値段でした。
一ヶ月の売り上げが50万にも満たない時に
よくぞ思い切ったものだと・・・今はあきれます。

これがあればワキなら10万円以内で出来る。
「絶対やりたい」というお客様との口約束が
マシンを導入する前から20名以上ありましたので
それも背中を押してくれました。


商工会議所の融資担当課長に必死のプレゼン。
熱意を買ってくれたその人が分厚い資料を作り
金融の担当者に熱のこもったプレゼン。
結果、みごと融資が受けられて
自己資金たった50万円で1000万円近い
マシンを導入することが出来たのです。


パワーが大きいので細い毛や金髪も確実に処理、
更にしみ・そばかす・若返りケアもできるマシンは
今でもリボーンの主力として活躍しています。

img016.jpg

img015.jpg


それにしても最初は「エステティック」の発音もできなかった
商工会議所の担当課長(たしか山内課長)。
よく頑張ってくれたな〜



待つことが苦手な私は
融資の決定がおりるまでの2週間で
人生初の大きな大きなハゲが出来ました
美容師さんに教えられて倒れそうになったとさ。



エステティック リボーン
0166-74-7732
北海道旭川市豊岡9条11丁目
http://este-reborn.com


ネット予約はここをクリック
  ↓  ↓  ↓  ↓
スマートフォンから予約

パソコンから予約

機械は細かな融通が利かない部分もあるので、
その場合はどうか直接お問合せお願いします。




posted by リボーン マーサ at 23:25| Comment(0) | リボーンの歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去ログ