2016年04月25日

エステティシャンになったきっかけ(3)

女性はある程度の年頃になったら
結婚して家庭に入るのが一般的な時代。
仕事を辞めるには寿退社(ことぶきたいしゃ)が
最も円満で、まわりも納得でした。

少し遅かったけれど26歳才で無事 結婚、退社。
大袈裟でなく一日に一回は
「結婚はまだ?」
「彼氏はいるの?」
「紹介しようか?」
と言われ続けた毎日。
そのプレッシャーから開放されると思うとほっとしました


ほんの一時家事に専念したものの2ヶ月で限界。
外へ出たくてすぐに仕事を探し始めました。

DPO_5126.JPG


事務系は全く苦手だったので
人と接する仕事、身体を使う仕事、成長できる仕事
職種は限定しないで求人誌を隅々探しました。

その中のひとつ「ヘアメイク募集 未経験者可

もともと美容師になりたかった私。
未経験でヘアメイクの仕事ができるなんて理想と思いました

ところが、、、面接に行ってみるとそこは
エステティックサロンでした。
その頃のエステは「高い、しつこい、高額ローン」
というイメージだったので、エステを仕事にする希望は
全く無く、すぐに帰ろうと思った。
エステティシャンの選択はなかった
絶対に断って帰ろうと思っていた。



なのに、今こうしてエステティシャン!

その訳は次回にします


エステティックリボーン
電話の場合 0166-74-7732
メール相談 re-born.ma@ezweb.ne.jp
北海道旭川市豊岡9条11丁目




posted by リボーン マーサ at 02:02| Comment(0) | 私の履歴書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去ログ