2016年04月18日

春のめぐみ

まだまだ肌寒さが残りますが
自然界は着実に春を迎えています。

雪解けのこの時期にしか採取できない
シラカバ樹液を頂きました。

北海道に住んでいる私達にとって
シラカバは見慣れた木であり、
生活圏にもたくさん生えています。
木肌が白くて葉は繊細で涼しげ
大好きな風景です。
DSCF6052.JPG


ところが道外へ出ると道端で白樺を見ることは
ほとんどなく、かなり標高の高い山にしかありません。

この白樺の木が春の一時期、地面の水を勢いよく吸い上げます。
それは木肌に耳をつけると聞こえてくるほど。
その水を木の幹に穴をあけて採取したものが
シラカバ樹液です。
こんな風に採ります。

DSCF6050.JPG

DSCF6053.JPG

木の枝に緑が芽吹くまでのほんわずかな期間しか取れない貴重なお水です。
カエデの樹液を煮詰めたものがメープルシロップとして有名ですが
シラカバの樹液も甘いんですよ!

このお水でコーヒーを淹れると
苦味のマンデリンもフレーバーコーヒーみたい

ご飯を炊いたら水を少なくしても
軟らかくて甘い

お肉も柔らかくなると聞いて
「樹液しゃぶしゃぶ」もしてみました

春の恵みを満喫です!

しらかば樹液にはものすごい生命力を感じます。
そしてとても保湿に優れているそうです。

この北海道の樹液をつかった化粧品(ピュアタイム化粧品)があるんです。

実は、何年も前から「北海道ならではのエステコースを作りたい」
考え、アイテムをリサーチしていたのですが、業務用に使えるよいものになかなかめぐり合えずにいました。

今回しらかば化粧品を作っている時田さん(トッキーブログはこちら)に出逢い
エステで使うにはね・・・と、
化粧品の香り、テクスチャーの事など要望を伝えてみたところ
「試作品を作ってみましょう」と言ってくださり
今、お願いしているところです!



それが完成したときには
北海道の大自然のめぐみ
生命力あふれる樹液パワー
優しくて強力な保湿力

すべてを詰め込んだフェイシャルコースを
提供できるかもしれません!

今、蘭越町で樹液の採取まっただ中のようです。
楽しみにしましょう

posted by リボーン マーサ at 02:02| Comment(0) | マーサの日常、想いなど
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。