2017年03月16日

卒業式


北海道の真ん中にある旭川のエステティシャン マーサです。

今日は全くのプライベートブログです。

卒業式の記事をあちこちで見かけますが、
実は私の息子も明日が卒業式。
4年間の大学生活を無事に終えて
4月からは新社会人になります。

男の子を授かった時点で無意識に大学まで行かせる事が義務のように感じていましたので、進学を希望した時反対はしませんでした。
でも決して余裕はなかったので
「国公立大学に限る」
という条件。


私は仕事ばかりしてきましたから、
子供の成績もよくわかっていなかったと思います。
息子は大学受験だからと言って塾に通うわけでもなく、かといって自宅で勉強する姿も見ることなく、
かなりハラハラさせられました。


物をあまり欲しがることのない地味な男子。
おしゃれどころか靴下も下着も
破れるまで新しい物を欲しがらないほど。
たぶん昭和初期に生まれ育っても不自由を感じないのでは?
と思えるような子なんです。

その息子が「下宿じゃなくてアパートがいい」
というので数少ない要望をかなる事にして
学生向けのアパートを借りて自炊生活をしました。


4年間は早かったような長かったような・・・

就職活動中にインフルエンザで高熱を出した時、道内に居ながらも駆け付けてあげることができませんでした。
「結構つらかった」らしいですたらーっ(汗)

冬の凍結で水道管を破裂させ、
アパートの下の階の部屋をずぶ濡れにしてしまう事件がありました。
補修費用は100万円越え。
保険でほぼ保障されたものの
あの時は生きた心地がしなかったな



IMG_1255.JPG



先日、最後の生活費を手渡ししました。
途中、奨学金の力も借りたし
父親からの援助もあったけれど

彼が小学生の時から
女手ひとつで私頑張った!
4年間の生活費と授業料
これをもって終了。


娘も息子も社会に送り出し、
私の子育てが一段落です。


明日は卒業式。
きっとどこにいるかわからないだろうけど
しっかり出席して来ます。

IMG_0335.JPG
*入学式の模様です





posted by リボーン マーサ at 01:35| Comment(0) | マーサの日常、想いなど

言われて嬉しいひとこと


北海道の真ん中旭川のエステティシャンマーサです。

寒い旭川にも春の日差しが感じられるようになりました。

エステティックの仕事に就いて28年
ずっと変わらない事。
それは
お客様が喜んでくれて「ありがとう」と
言われる瞬間の喜び
ありきたりかもしれないけれど
本当にこの瞬間をつないでここまで来たと思える。


今日来てくれたお客様。
50代になり、子育てが続く中
仕事の責任も重くなりストレスも感じる。
「更年期かも?」と思わさる気分の浮き沈みに
自分自身がとまどうことも。
月に1〜2度来てくれていますが、
「リボーンに来れたからこれでまた頑張れる!」「この時間が私にとってかけがえないもの」と

この言葉が私にとっての宝物。




夕方のお客様
3月〜4月の年度替りはいつにも増して忙しい時期。
それに加えて親御さんの通院等で頼りにされて
自分ペースで動けないストレス、気分の低下

確かに前回のご来店時もちょっぴりイライラしていたかも。

実は今日も来るまで気分は最悪だったそうですが、
エステが終わってハーブティを飲んでいる時
「今日は来れて本当によかった」
「ここに来ると気持ちが明るくなる」
「実は前回も嫌な出来事があった後で気分がむしゃくしゃしている時だったの」

と言われました。

前回も本日も
帰りには美しい笑顔になって
「本当にありがとうございました」って
何度も言ってくれて

それで私は嬉しくて嬉しくて
これでまた頑張れる!

そう思うのです。

IMG_1254.JPG


接客やサービスのお仕事に携わる人なら
きっと同じ思いがあるでしょう。
何年経ってもここが原点。

こんなシンプルな内容のブログですが、
書かずにはいられませんでした。



リボーンではスタッフを募集しています。
未経験の方も一から指導します。
一緒にこんな感動体験ができるお仕事しませんか?

詳しい内容はここをクリックしてください。






posted by リボーン マーサ at 00:49| Comment(0) | マーサの日常、想いなど