2016年04月23日

エステティシャンになったきっかけ(2)

「大きくなったらパーマ屋さん」

小学生になっても変わらず
中学校でも変わらず、

ところが、中三のいよいよ進路を決める時になって
ストップがかかります。
公務員である父のひと言。
「普通高校へ進むべき」と。
高校卒業時には
「女の子も短大くらいは行くべき」。
短大卒業後は大手企業へ就職。
コンピュータメーカーのインストラクターとして働きました。

IMG_5792.JPG



美容師とはどんどん離れた方向へ
親の敷いたレールの上を歩きました。
それでも夢は「いつか自分のお店を持つこと

って変でしょうが!(笑)

自分の想いとは裏腹でありながらも
無意識に「親が喜ぶ事をする」
という生き方を選んでいました。

バブルの時代にたくさんの給料を貰い
毎週末遊びに出かけ、
スキーにゴルフにテニス旅行。
華やかな生活を満喫しましたが、
週末のために月〜金曜日を過ごすような状況
仕事そのものを楽しむ事が出来ませんでした。

IMG_5796.JPG



6年勤めて結婚退社。

ここからやっと自分の為に選択する
という人生がスタートした気がします。

かなり遠回りして、年もとってしまった。
美容師を目指すにはもう遅いけれど、
夢をあきらめたわけでもなく、
何か美容関係の仕事が出来たらいいな〜と思っていました。



つづく
posted by リボーン マーサ at 01:39| Comment(0) | 私の履歴書

エステティシャンになったきっかけ(1)

私の母は美容師でした。
今はもう引退しています。

img009.jpg

これは美容師だった母の姿を残したくて
引退した1〜2年後にわざわざ撮ったものです。
今は病気でやせこけてしまい、櫛も持てませんので
撮っておいて本当に良かったです



自宅と店舗が一緒でしたので
小さい頃から母が働く姿をずーーっと見てきた
「パーマ屋のまーちゃん」でした。

妹をお客様にしてパーマ屋さんごっこをしました。
こんな姿は日常茶飯事
それにしてもすごいヘアスタイル!!
FullSizeRender (4).jpg


顔に泡を付けて定規で取り除く
顔そり遊び
髪を結い上げる時にする 逆毛を立てる遊び
大き目のお人形に着物を着せて
お太鼓くらいは帯も真似てましたねー

自然と
「大きくなったらパーマ屋さんになる」
と思っていました。

それが少し方向変わってエステティシャンですが
人に何かを施すということが
好きだったのだと思います。

つづく


エステティックリボーン
電話の場合 0166-74-7732
メール相談 re-born.ma@ezweb.ne.jp
北海道旭川市豊岡9条11丁目





posted by リボーン マーサ at 00:14| Comment(0) | 私の履歴書