2016年03月31日

エステに通うきっかけ(6)

ブライダル編

エステティックサロンに来るきっかけとして
もっとも来やすいのがブライダルエステではないでしょうか?

なにせ一生に一回の特別なセレモニー
花嫁はその主役ですから!

花嫁さんご本人はもちろんのこと
新郎にとっても新婦が美しいのはうれしい事
そして目的とゴール、予算がはっきりしているので
スタートしやすいのでしょう。


FullSizeRender.jpg


リボーンのブライダルパンフレットは
旭川グランドホテル
雪の美術館
メゾンドピアジェ
クローバー
などに置かせて頂いているので
時々その会場の担当者様からのご紹介があります。
その事もまた背中を押してくれる大きな要因と思います。


先日も「〇〇さんから紹介されてブライダルコースのことで相談に行きたい」というお電話がありました。
お名前は全く見覚えがなかったのですが、
ご予約当日リボーンに入って来たお顔を見て
はっとしました。

4〜5年前に少しだけリボーンで働いていた子でした。
彼女の方から「私、以前ちょっとだけこちらで・・・」

「わかりますとも! よーく覚えています」

とっても可愛いお人形のような子でした。
履歴書で一目ぼれして、面接に来てもらうと写真通りのお顔
話していても聡明でとても感じがよくて好印象でした。

早速働いてもらうことになったのですが、、、、


白衣を着てみると
腕も脚もあまりに細くて細くて折れそう
本人はいくらでも努力するというけれど
ボディの施術は難しい・・
フェイシャルの専任として育成しようかどうしようか・・?

悩んだ結果あきらめてもらうことにしたのです。
私の都合で振り回してしまって申し訳ないという思い。
でも無理してもきっといつか壁にぶつかると判断し、
“ここで働けて幸せ”といってくれる彼女に告げました。

その日はたまたま私の誕生日だったようで
プレゼントとお手紙まで用意してくれていたのに。

IMG_5625.JPG

「私はなんて残酷なことを」と自己嫌悪もうやだ〜(悲しい顔)

そんなことがあったので
この物忘れの激しい私が
顔もフルネームもしっかり覚えていたのです。
(入籍して苗字が変わっていました)


「担当の方にパンフレットをもらった時
たくさんエステがある中でリボーンさんだったので
『行こう!』って思ったんです
。」
と言ってくれました。

本当に本当に来てくれてありがとうぴかぴか(新しい)
涙が出そうな気持ちでした。

さらに可愛いお嫁さんになるようしっかりお手入れさせて頂きますハートたち(複数ハート)
よろしくね。

posted by リボーン マーサ at 01:25| Comment(0) | エステティックを初めて受ける方へ

2016年03月30日

エステに通うきっかけ(5)

同級生編

中学の途中から高校卒業までは旭川で過ごしたので
地元にも友人がたくさんいます。

でもそれぞれ仕事や家庭があると
なかなか会う機会ってないものです。
「今度ね〜」なんて言ってたらあっというまに2〜3年過ぎます。

IMG_4560.JPG

そこで! 友人と1年に1度必ず会うための定例会を作っています。
なんとか時間を捻出し、かれこれ15年続いています。

その名も【そばの会】と【お茶の会】

【そばの会】は毎年の大晦日のお昼に蕎麦を食べて夕方までを一緒に過ごし、その年を振り返ったり近況報告をしたり、夢を語り合って楽しく過ごします。

【お茶の会】年越し気分も落ち着いた1月2日の夜、営業しているカフェを探してお茶を飲みながら家族の話や、仕事の話、一年の目標などをだらだらを話してまったりと過ごします。

IMG_1663.JPG

前置きが長くなりましたが、そのお茶の会の友人が
ある年「今年の目標」として挙げたのが
「たまちゃんのエステに行く!」
だったのです。

私としてはそんな大袈裟に考えないでいつでもおいでよ〜
友達なんだから
って思いました。

その友人は子供が3人
高校を卒業して上の学校へ行かせたり
一人暮らしをさせたり

パートで働いてはいても
なかなか余裕がなくて
エステに行けなかった。

美容にはもちろん興味があるし、
悩みもたくさんあるけれど
封印していた
わかるよ〜 私も主婦だし子育てしてるしキツイよね

でも、
50歳になったらたまのお店に行こう!!
って決めてたんですって。
知らなかった、嬉しかった、感動した!


初めてのエステの日
それはそれは喜んでくれました。


で、それ以来定期的に・・・通ってはいません
一番下の子は専門学校へ。
まだまだ余裕がないので
彼女のタイミングでポツリぽつり

それでいいんです。
でも一度来たことで二回目からは緊張しないで
来られるようになりました。

キメ肌キメ顔を作りたい時
疲れてリフレッシュしたい時

1年に1〜2回必要な時だけ
そんな利用の仕方も大歓迎です!


エステティック リボーン
旭川市豊岡9条11丁目
0166-74-7732
http://este-reborn.com
posted by リボーン マーサ at 22:34| Comment(0) | エステティックを初めて受ける方へ

2016年03月28日

エステに通うきっかけ(4)

ご近所の方のお話です。

この場所に移転した時
まずはご近所の人に知って頂きたくて
チラシを作って1件1件手配りしました。
無料体験会もしました。
ご近所様ご優待イベントもやりました。

どれもタイミングが合わずに来られなかったようで
サロンに来るきっかけが掴めなかったようです。

店舗正面.jpg

30代の彼女は毛深いのが悩み

腕や脚を含む全身、そしてアゴ周りを含めたお顔も。

残業続きでくたくたな毎日の中で
それを人に知られないようお手入れする事も
大変なストレスだったことでしょう。


ある日、カーディーラーのイベントに呼ばれ
2日間お客様サービスとしてハンドトリートメントをする機会がありました。

お父様がそのメーカーのお車に乗られていたので
案内を目にしてイベントに来てくれました。
そう、私達に会いに

そこで直接お逢いして脱毛のことをご説明し、
数日後に来店くださいました。
以来、ほぼ脱毛に特化してご利用いただいてます。


この彼女は3人姉妹で
みんな共通の毛深い悩みをもっているそうです。

他の二人もそれぞれが脱毛エステに通っているそうですが、
効果の出方はサロンによってそれぞれ。

私が一番キレイに無くなってるんです
って言ってくれます。嬉しいですグッド(上向き矢印)


ご近所だとしても入りにくい
ホームページに価格が載っていても
姉妹が脱毛に通って減毛するのを見ていても

それでもなかなか来店しにくいとしたら

つまり一番知りたいのは
どんな人が居て誰がやってくれるのか
という部分なのかな?

特に脱毛は自分のコンプレックスを開示する部分もあるので
デリケートになるのでしょう。
私自身が悩みだらけの人間だったのでとってもよくわかります。

安心してください
悩みに共感できる私達がいますよ!
みんなフェイスブックやっていますのでよかったらお友達になってください。

IMG_4203.JPG (2).JPG
高櫻直子 遠藤未紗紀(旧姓 林未紗紀) 逢坂真生
みんな笑って変顔ですが、普段はちゃんと目を開けています。

カメラマンはマーサです



エステティック リボーン
旭川市豊岡9条11丁目
0166-74-7732
http://este-reborn.com
posted by リボーン マーサ at 16:55| Comment(0) | エステティックを初めて受ける方へ

2016年03月27日

エステに通うきっかけ(3)

初めてご来店の時のお話

今日は 50代 立ち仕事のお客様の話です。

彼女は一日中(9:00〜19:00)涼しい所での立ち仕事をしていました。

tea2.jpg


大半の女性がそうであるように足の筋力が少なくひざ下のむくみ、冷えに悩み、
更には痛みもあったそうです。


あまりの辛さに異常を感じて筋肉の病気や腫瘍を疑って病院であらゆる検査をうけたそうですが、結果は特に問題なし。

それでもご本人は辛さが続いていたそうです。



エステティックに対しては“美容”というイメージしかなかった彼女に、
同僚の女性が「リラックスしに行ってきたら?
と勧めてくれたそうです。


それまで一度もお逢いしたことはなかったけれど、会社同士 では既にお付き合いがあり
リボーンの存在を知ってくれていましたので、
自分がエステに行くということへの違和感
みたいなものはあったけれど、不安はなかったといいます。


急に時間が出来たというある日
「初めてですが、これから行きたい」
とお電話をくれました。

最初ののご来店の日、選択したコースは
60分スキンケアコース (5,500円)と、膝から下のマッサージ(3,000円)でした。



施術中につぶやいた一言が今も忘れられません。
「私の来るところは病院じゃなくここだったんだ」と。

img019.jpg

今も主に疲れを癒すことを目的に
1〜2ヶ月に一回のペースで来てくれます。

何せお忙しいので なかなか予約が難しく
いつも当日の朝に
「今日はどこか空いてる時間ありますか?」
とお電話頂きます。


ご自身でも出来るだけ筋肉をつけるような運動を取り入れ、
辛くなったらリボーんに来てくれて
以前よりずっと快適にお仕事が出来ているそうです。


美容が目的じゃなくても
定期的に通えなくても
あらかじめ予約できなくても
いいんです。
必要な時にそれぞれの目的で
お気軽にご利用いただけると嬉しいです。



エステティック リボーン
旭川市豊岡9条11丁目
0166-74-7732
http://este-reborn.com

☆ re-born martha ☆
posted by リボーン マーサ at 23:37| Comment(0) | エステティックを初めて受ける方へ

2016年03月26日

エステに通うきっかけ(2)

70代の方がお友達と二人でご来店
エステに来られたきっかけはズバリ手術

白内障の手術をしたら目の前が急にスッキリ!
なんでも良く見えるようになったそうです。

DPO_7519-1.jpg

「鏡を見たらビックリ仰天 こんなにシワがひどいと思わなかった」

「ちょっとエステでもしてきれいにしてもらおうと思って」

一緒に手術した80代のお友達も誘って二人で来てくれました。
初めてとはいっても お嬢様と一緒にイベント等でリボーンには来た事があります
また、この時もお嬢様の送迎付きで来やすかったと思います。

しわもシミも気になるようですが
まずはスタンダードなスキンケアコース(60分 5,500円)をオススメしました。

普段から化粧品はしっかり使っているものの
マッサージ、パックなどは全くしていないという事でしたので
まずは細胞の活性化、新陳代謝の促進をと考ました。



1回目の施術を終えて鏡を見て、お互いを見て
「なんかキレイになったしょ!」
「いや〜 さっきとぜんぜん違うわ」
と喜んでくれました。


マッサージでくすみが取れ、パックで細胞に水分をたっぷり含ませたことで
透明感が戻ってしみもシワも改善しました。


週に2回でも来たいようでしたが、毎週1回で充分キレイになることをお伝えして次回の日時を決めました。

病院や歯医者通いで結構お忙しいようですが、ここへ来る楽しみが出来たといってくれますー(長音記号2)

ちなみにお友達は80代。でもとっても姿勢良くお元気です。
ますます若くなりそうです手(チョキ)

posted by リボーン マーサ at 18:29| Comment(0) | エステティックを初めて受ける方へ

2016年03月25日

エステに通うきっかけ(1)

エステティックサロンという所はどうも入りにくいようです。

それは何故か?

img016.jpg

ひとつは高そうという値段に対する不安

ホームページを見ればどこのサロンも価格は出ています。
ところが、これ以外にもかかる費用があるかもしれない。
何か勧められて断れないんじゃないか?
コースで契約させられるのでは?


次に人に対する不安

どんな人に施術されるんだろう?
美容とかけ離れた清潔感のない人にはされたくないし、
かといって完璧な美女だと気後れしてしまうかも・・・
強引な人だと怖いな・・
キチンとした知識と技術があるのか?
信頼できるか?

IMG_5388.JPG



そして結果に対する不安

脱毛って本当になくなる?
エステでやせる?
エステって一回や二回じゃ意味ないんじゃない?
シミが取れたとしてもまた同じところに出るらしいよね
病院へ行ってもダメだったニキビ、無理でしょ!?
顔のたるみ今更手遅れ、やっても無駄

DPO_4975.JPG


と、いろいろ不安はありながらも
それが解消されるなら受けてみたいという気持ちだと思います。


解消したい事に対してサロンを探す(広告、インターネット)
場所、価格等の情報を得る

ここまでは出来てもその先の一歩が踏み出しにくいもの。
友人知人の紹介、推薦、またはサロンの人と直接のコミュニケーションが重要


例えば
「人より毛深くて悩み、脱毛をしたい」と思った場合
まずはインターネットやフリーペーパーでサロン情報を調べる。
そこに、友人が「ここはいいサロンだよ!」と推薦してくれる事が来店のきっかけになるのです。



リボーンのお客様もエステに来る目的は様々ですが、
最初のきっかけはこのような流れが多いように思います。



posted by リボーン マーサ at 23:50| Comment(0) | エステティックを初めて受ける方へ

最初のきっかけ

毎日サロンにいてお客様と接していると
女性がエステに通うのはあたり前のように思えてきますが、
実は一度も経験したことのない人の方が圧倒的に多いのです。

DPO_5126.JPG

ある調査によると
成人女性でエステに行ったことがある人は
なんと! たったの10%だそうです。

この数字を見てエステ業界の力不足に愕然としました。

エステティックはこんなにすばらしいものなのに・・・
一部の人の贅沢ではなく、健康で健やかな毎日を送るため
にみんなの役に立つもの、世の中に必要な事。

と思ってはいるのですが
なかなか伝える場がありません。


じゃあ今通って下さっている人達は
どんなきっかけで初めてのエステに来てくれたのか?

DPO_7565-1.jpg

リボーンは15年間フリーペーパーには広告を出さず、
地元の月刊誌に年に数回掲載される程度の
知名度の低いお店です。


ですからリボーンを知るきっかけは誰かの紹介がほとんどです。
でも、紹介されただけでは「行ってみよう」とは
ならないと思います。

その人なりにエステに行きたい理由があったはず。


それを少しづつご紹介したいと思います。

<つづく>
posted by リボーン マーサ at 00:54| Comment(0) | リボーン・スタッフ・お客様

2016年03月22日

結婚式のこと(2)

先日結婚式を挙げた遠藤(旧姓 林未紗紀)が出勤してきました。

入籍をしたのは去年の12月なので、三ヵ月前から「遠藤さん」と呼ぼうと思ってはいても どこか馴染めずついつい旧姓でよんでいました。

でも、結婚式に立ち会ったことで今日は抵抗なく「遠藤さん」と呼べる気がしました。
結婚式ってやはり’ケジメ’になります。

最近は結婚式を挙げない『ナシ婚』が多いようですが考え方は人それぞれ。
そもそも結婚式って誰のため?

IMG_5535.JPG

本人同士というより家同士が繋がるための儀式?

親にとっての子育て完了の日?

両親に晴れ姿を見せて安心させるため?

晴れ姿で主役になれる自分たちの為?

そのぜーーーんぶだと思いました。

IMG_5497.JPG



ご両親は立派な二人を見て自分達の役目が一段落と実感できます。

新郎新婦も改めて両親に感謝を伝えることができます。

友人知人も「おめでとう」を伝える機会を持てます。

また、みんなに大好きなパートナーをお披露目することができます。

美しい姿でサイコーにハッピーな気分になれます。

主役になれてお祝いされて幸せを味わえます。

忘れられない瞬間を過ごせます。

IMG_5525.JPG

呼ばれた私達もサイコーにハッピーでした。
気持ちに区切りがつきました。

改めて

林家のご両親様 おめでとうございます

遠藤家のお母様 おめでとうございます

IMG_5544.JPG


みさきちゃん夫妻 おめでとう!

準備も資金も大変だったと思うけど
とっても立派ないいパーティでした

いつまでも仲良くお幸せにね黒ハート

IMG_5516.JPG



posted by リボーン マーサ at 20:54| Comment(0) | リボーン・スタッフ・お客様

2016年03月21日

結婚式のこと

昨日はスタッフの結婚式に出席して
キラッキラの時間を過ごしました。

IMG_5513.JPG

パーティの前に出席のゲストの前で
結婚の誓いを行う人前式から始まりました。

お父様にエスコートされて入場
もうそこからうるうる
IMG_5478.JPG

誓いの言葉を二人で読み上げ、結婚誓約書にサイン

続いて

両家のお母様がサイン

新郎はお父様を若くしてご病気で亡くされていると聞いていたので 女手一つで育て上げたお母様の気持ちを思うと胸がいっぱいになりました。
お疲れ様って抱きしめてあげたい想いでした。


司会者が「ではご両家のお母様前へお願いします」
といった時にたまたま着物のすそが気になって腰を浮かせた私の後ろで
「え?マーサじゃないよ!」という声が。
わかってます。
母のような気持ちとは言ったけどちゃんとわきまえてますよ

話は戻って


指輪の交換に使うリングピローはお友達の手作り

IMG_5530.JPG

ウェルカムボートにウェルカムベアーなど
みんな心のこもった手作り。
お友達が未紗紀ちゃんの為にな何したいって
自ら作ってくれたものなんだと思います。

家族の愛情と 友情にあふれた会でした。

IMG_5485.JPG

未紗紀ちゃんとっても美しかったですよ〜ぴかぴか(新しい)

お友達も若くて可愛い女性がいっぱいでキラキラ

IMG_5499.JPG

テーブルの上には一人一人に手書きのメッセージカードがあり、
マーサの席にはなんとお手紙が〜
忙しくて帰ったらくたくたなはずなのに
いつの間にこんな準備を・・・

IMG_5488.JPG

読んだらメイクが崩れそうでガマン。

でも祝辞の前に中身を知っておいたほうがいいかな?

迷いながら読みました。
泣きそうになって2回に分けて

でもやっぱりうるうるです

素敵な時間をありがとう。
いつまでも仲良く幸せにね黒ハート


posted by リボーン マーサ at 12:29| Comment(0) | リボーン・スタッフ・お客様